株式会社冨士設計 | 大分の建設コンサルタント・3Dレーザー計測

ホーム採用情報>社員インタビュー03
これが好き、これがしたい、
を大切にできる会社。

水工部 水工・防災グループ 技師(技術士補)

鴛海 英明

平成29年入社

HIDEAKI
OSHIUMI

Interview
01

入社・転職の理由

私は高校生の頃、進路を決めなければいけないときがあったのですが、当時は将来のことについて全く考えておらず、焦っていました。そんな時、テレビドラマで道路を懸命に造る土木作業員のシーンをみて、どこかかっこ良さを感じました。そのとき土木に興味を持ち、将来自分も土木に関係する仕事がしたいと思うようになりました。また、私は生まれ育った大分が好きで、大学卒業後は故郷大分で地域貢献が出来る仕事がしたいとも思っていました。その思いをもちながら就職活動をしていた時、就職サイトで冨士設計を見つけました。地元大分での業務実績に加え、社会に貢献する、社員を大切にする社風に魅力を感じ、入社を決めました。

Interview
02

現在の仕事内容

私が所属する水工・防災グループは、主に河川護岸や下水道の設計、河川の氾濫・浸水想定区域図の作成など、水に関する業務を専門に行っていますが、その他、落石対策や道路のり面の調査・補修設計、流木や土砂の流出対策、トンネル点検といった業務も行っています。一つのことに深く研究していた学生時代とは大きく違い、様々な分野の業務に携わるため、各分野における広い知識が必要であると常日頃感じています。新人の私にとっては毎日が新たな発見・学習の連続であり、理解に苦労することも多々ありますが、その反面、知識が増え技術力が向上していくことに、自分の成長を感じています。

Interview
03

職場の雰囲気

入社後しばらくは慣れないことも多く、非常に不安な日々が続いていました。しかし、経験豊富な先輩方がいろいろとアドバイスをしてくださったり、知識的な部分を教えてくださったりしてくれて、徐々にその不安が取り除かれていきました。ちょっとしたことでの相談でも、先輩方は真摯に向き合ってくれるので、そういった点では、私は周りの人に非常に恵まれていると思います。職場内の人間関係に悩む方が非常に多いと思いますが、冨士設計は社員旅行など社内での行事が多く、そういったところで社員間のコミュニケーションをとることが出来る環境があるのも、冨士設計の魅力の一つだと思います。特に、若手社員間の仲は非常に良く、一緒に食事や遊び、旅行に行ったこともあります。

応募者へのメッセージ

就職活動中の皆さんに対して、同じく就職活動をした先輩として言いたいことは、自分が本当に好きなこと、やりたいことを最優先に考えて、就職活動を行ってほしいということです。それは、「この業種のこういったところが好きなため、こういう仕事に取り組みたい」のように具体的でも、「これが好き」「これがしたい」のような単純な思いでも構いません。自分が本当に情熱を傾けたいことに対し、純粋な思いや気持ちを大切に持ち続けてください。そうすることで、自分のモチベーションを維持し続けることができ、就職先でも毎日頑張れると私は思います。その中で、就職先として冨士設計を選んでいただければ幸いです。