株式会社冨士設計 | 大分の建設コンサルタント・3Dレーザー計測

ホーム採用情報>社員インタビュー05
働きがいのある職場環境の実現に
力を入れる会社です

道路部 道路・保全グループ 技師

後藤 陽登

令和2年入社

HARUTO
GOTO

Interview
01

入社・転職の理由

建設会社に勤める親の影響もあって、小さなころから私は道路に携わる仕事につきたいと考えていました。土木系の学科へ進学し、いろんな専門科目を学ぶ中で、特に実習での設計やCADを使った授業が好きだったため、建設コンサルタントという職業に興味を持ちました。

就職活動で会社選びをする際、たくさんの建設コンサルタント会社の求人募集やホームぺージを調べましたが、学生だった自分には、専門性の高い技術や業務実績等の内容は詳しく分からなかったため、比較検討する材料がなく、とても悩みました。そんな中で、私が冨士設計に就職を決めたのは、社員は会社の財産であるという代表挨拶の一文です。資格取得支援等の人材育成、社員の生活安定や働きがいのある職場環境の実現に力を入れている点がとても社員思いの会社だと感じました。実際に、内定後は会社の行事に呼んでいただいたり、インターンシップとして業務で使用するCADソフトの研修をしていただいたりと社員を大切にしてくれる会社だと改めて実感しました。

Interview
02

現在の仕事内容

道路設計部に所属し、道路の設計計画や図面作成、協議資料の作成を行っています。まだまだ、分からないことが多いですが、上司の方々に教えて頂きながら業務を行っています。また、現地調査ではドローンを操作して調査することもあります。

Interview
03

職場の雰囲気

入社前からたくさん交流する機会があったため、入社初日からすでに働きやすい雰囲気でした。毎朝の環境整備や懇親会等、年齢や部署が違う人とも交流する機会が多いため、会社全体でまとまりがあると感じています。創業理念にもあるような、社員一丸となって努力し、会社を発展させようという雰囲気があり、人数が少ない会社だからこそのつながりの強さだと思います。
定期的に個人面談があることで悩みや会社への要望を発言できるため、自分が働きやすい環境を整えやすいと思います。

応募者へのメッセージ

就職活動は悩むことが多いと思います。その際に、このインタビューが誰かの参考になれば嬉しいです。また、建設コンサルタント業界全体で若い技術者が少ないため、少しでも興味を持っていただければ幸いです。