株式会社冨士設計 | 大分の建設コンサルタント・3Dレーザー計測

ホーム調査・診断技術>3Dレーザー計測・解析システム

3Dレーザー計測・解析システム

3D LASER SCANNER

3次元計測、3次元モデルで早く正確にわかり易く。

3次元データを活用した「効率化」「見える化」によるスムーズな情報共有が可能に。
用途に応じた情報処理により様々な分野で活用できます。(i-Con・ICT・CIM対応)

3次元計測は、レーザー光を立体物に照射し、その反射光量の測定から3次元幾何情報を取得します。非接触、短時間で3次元形状測定できることが特徴です。また、取得した3次元デジタルデータは、既設プラントの3D-CAD化、建造物の3Dデジタル管理、建設現場の進捗管理、リバースエンジニアリングなど、様々な分野に適用できます。

計測についてAbout Measurement

地上型3Dレーザースキャナーによる計測

・地上から短時間に広範囲の3次元空間情報を取得。

・あるがままの形状を計測。漏れ、曖昧さのない設計情報取得。

・人が行かずにデ-タ取得可能。(非接触計測)
例)災害地、絶壁、対岸、ビル高層部、鉄道敷、交差点内、植物保全エリア

・夜間計測可能・レ-ザ計測は明かり不要、洞窟等も可能。

・高精度、高品質な三次元座標値(XYZ)を取得。
※標準測定距離350m、距離精度3.5mm、点群間隔3.1mm (10m時)

ドローン(UAV)による撮影、計測

・上空から短時間で広範囲の撮影。

・GPSによる自律航行でル-ト設定可能。

・立入り困難箇所の状況把握に効果的。
例)被災地、崖上、沼地、対岸、屋根形状、樹木上部、事前調査、渋滞状況等

・海、湖、川側からのデ-タ取得。(第3者説明資料として好評)

・撮影写真より3次元点群デ-タ(XYZ)の作成

・撮影写真よりオルソ画像の作成。

・DID地区など航空法による規制空域、飛行方法の許可取得
 (すぐ飛ばせる包括許可取得済み)

3次元モデルの利活用Utilization

i-Con、ICT、CIM、様々な場面で計画・調査、測量、設計、施工、維持管理のプロセスで3次元モデルの利活用が出来ます。

完成イメージモデリング(合意形成資料)
土工/構造物/トンネル等の出来型管理
立入前現況調査
トンネル内空形状調査
面的変動定期観測
越境物/傾斜度調査

地理空間情報(地下/地上/上空)と計画の3次元干渉チェック
各種2D/3D図面作成(地形図/断面図/正面図等)
施工計画時の支障物(架空線等)離隔調査
落石調査(浮石/転石位置計測)
海岸河川環境調査/樹木調査
土量/残余量/表面積算出

3Dデータより架空線位置を抽出し、施工計画資料として利用

拡幅計画を3Dモデル化し、施工後の視距確認資料として利用

現況3Dモデル

完成モデル

3Dレーザースキャナーの利活用事例Case Study

架空線調査

・落橋防止工設計時の架空線干渉チェックに利用

・支障物件として施工計画にも反映可能

石垣調査

・文化財(石垣等)の現況記録、変動調査、形状計測

・正面図、断面作成、解体復元の面的管理に利用

中心市街地の景観検討

景観検討に伴う設計情報の3次元データ化

・全点に三次元座標値(XYZ)を付与

建物寸法の抽出

・都市模型の作成に利用

葉枝の3Dデータ化

・街路樹の断面図作成

・建築限界調査に利用

隧道調査

地下の地理空間情報化

・平面図上で隧道幅員把握

・地表と地下の縦断図作成

・素掘り形状、狭小断面把握

・改修計画の設計情報

・土被り情報や施工計画時の近接構造物、制約条件との干渉チェックに活用

吹付法面・落石調査

・地形図、断面図作成

・吹付法面の等高線表示

・不均一で歪んだ曲面を視化、図化

・クラック位置の三次元的記録、変動計測

・浮石、転石位置の把握形状計測

トンネル形状調査

・照明灯設計、損傷調査

・埋設管を3Dモデル化し盤下げ量検討資料に活用

・最小内空断面の調査(車両接触調査)

路面調査

・舗装路面や駐車場の面的変状調査(轍や波状調査)

・交差点内の勾配把握など改良検討資料として利用

人工砂浜変状調査

・人工海水浴場の砂浜変動定期調査に利用。干潮時の短時間に広範囲の砂浜を計測が可能。

・河川堆砂部や砂防ダムの堆砂状況調査に活用可能。

道路災害調査

・取得した3Dデータより内業で任意位置、方向の断面図が作成可能。現地の再調査不要

・現況地物をあるがままに取得するため、計測もれがない様々な設計情報を網羅した3次元形状が復元される。

・立入り困難・危険箇所の非接触計測を行い地形図の作成から土量計算まで可能。

ドローンの利活用事例Case Study

架空線調査

・現地踏査、計画検討に伴う最新の空撮情報収集、関係者説明時の合意形成に利用

3次元データ作成(写真解析)

・連続して撮影した空撮写真をソフト解析して3次元点群データが作成可能地上型3Dレーザースキャナーと併用して、地形図、断面図の作成や、浮石の形状計測等に利用できる。又、オルソ画像を作成し、地形図と重ね合わせた、わかり易い画像が作成可能

範囲:0.015?
外業:2日(地上型3Dレーザースキャナー+ドローンによる空撮)
内業:2日(3Dモデル作成→地形図作成)

写真解析により作成した3次元点群データは、モデルを構成する点一つ一つが座標値(X,Y,Z)と色情報(R,G,B)を持っている。

3次元変状解析

・消波ブロックなどの変位量解析にあたり、ドローンの空撮を利用し、安全に短時間で広範囲の計測が可能です。(危険なブロック立入不要)

・メッシュ状に区切り、3次元点群データの平均値で解析し、変異箇所を着色する。

・水中部のマルチビーム測深、地上部3Dレーザー計測との併用で水中と地上の3Dデータ化可能。

オルソ画像作成

・航空写真は、山間部、ビル、樹木などが写真の中心から外側に行くほどひずみが生じています。このひずみを補正して真上から見たようなオルソ画像を利用すれば地図に重ね合わせたり計測が出来るようになります。