株式会社冨士設計 | 大分の建設コンサルタント・3Dレーザー計測

ホーム調査・診断技術>構造物の点検調査技術

構造物の点検調査技術

INSPECTION SURVEY

構造物の点検調査技術

近年、社会資本である橋梁も、新設から維持管理の時代となっています。問題が生じてから維持・補修するのではなく、事前に調査し、維持管理を効率的に行うために必要な情報を得ることを目的としています。

調査方法Research

橋梁調査では、まず近接目視等により損傷状況の把握をし、損傷の程度を評価します。跨線橋や高架橋など、高い場所を点検するときは、高所作業車・橋梁点検車を使用します。
点検は、(財)海洋架橋橋梁調査会主催の橋梁点検技術研修修了者が行い、評価・診断をコンクリート診断士が行います。

特長Features

  • 01

    点検データは図面や写真で記録できる

  • 02

    損傷状況の確認や経年変化の観察が容易にできる

橋梁点検車による調査状況Investigation

長寿命化修繕計画策定業務

道路には、橋梁、トンネルなど多くの道路構造物や法面・斜面などがあり、現在では道路構造物の高齢化が進み、錆やひび割れなどの不具合が報告されています。また、道路管理園長の増加に伴い管理する道路施設はますます増加しており、今後の維持管理の重要性が改めて認識されてきています。しかし、その重要性が認識される一方で、道路管理延長の伸びに比べて道路維持管理予算は非常に厳しい状況となっています。

そのため、限られた予算の中で効率的な維持管理を進めていく上で「長寿命化修繕計画策定」が重要となります。当社では、過去の長寿命化修繕計画策定業務の経験と長年の建設コンサルタント業務において蓄積された技術と実績でお客様の要望に叶った計画策定のお手伝いをいたします。

特長Features

  • 01

    橋梁・ボックス・トンネル・法面等の道路構造物について、経験豊富な技術者が多数在籍しており、お客様の要望に叶った長寿命化修繕計画策定業務を提案します。

  • 02

    簡易目視点検を基本として優先順位やLCCを考慮した維持管理計画が可能な「橋梁耐タワー」を開発。その経験を生かし、お客様の要望に叶った長寿命化修繕計画策定業務を提案します。