株式会社冨士設計 | 大分の建設コンサルタント・3Dレーザー計測

ホーム調査・診断技術>非破壊・損傷調査技術

非破壊・損傷調査技術

DAMAGE RESEARCH

非破壊・損傷調査技術01

デジタル画像解析によるひび割れ調査

構造物(建築物・橋梁・トンネル・ダム等)の点検調査を行う際に、デジタルカメラを用いて構造物を撮影します。
確認したいひび割れ幅により最適な面積に分割して撮影を行い、高度な画像解析技術により豊富な計測データが得られます。

分析方法Analytical methods

現場では、デジタルカメラを使用して画像を撮影するだけですので、調査時間を大幅に短縮できます。持ち帰ったデータは、補正処理をした後に合成し、ひび割れや剥離等の損傷をトレースしていきます。トレースした損傷の長さや面積は、専用のソフトによりひび割れを検出し自動でCAD化が可能です。

特長Features

  • 01

    非接触にて、高所での構造物の損傷を把握

  • 02

    交通規制を行わず短時間で損傷調査が可能

  • 03

    足場・高所作業車等を使用しないので安価

非破壊・損傷調査技術02

サーモグラフィによる損傷調査

サーモグラフィ(赤外線)による調査・診断とは、目視調査では発見できない構造物の劣化状況(浮き、剥離、滞水、空洞など)を確認し、位置の特定を行います。
何度も補修を行っても完全に直らなかった構造物でも、サーモグラフィを使用することで、状況、必要な補修箇所を特定することが可能です。大分県内では、当社のみが行える調査技術です。

特長Features

  • 01

    目視調査では発見できない構造物の劣化状況の確認や
    不具合箇所の位置を正確に特定

  • 02

    足場を使用せず、広範囲を短時間で非接触での調査が可能

  • 03

    高所作業車等の仮設備を使用せず空洞・漏水部等を抽出する

  • 04

    時間の短縮、無駄なコストを削減することが可能

  • 05

    通行人に危険が及ぶケースなどの速やかな安全対策にも有効

非破壊・損傷調査技術03

KUMONOSによるひび割れ計測

KUMONOS(クモノス)とは、関西工事測量㈱が開発した、離れた所から建造物などに入ったひび割れの幅と位置座標が正確に測れる、世界で初めての計測システムです。
ノンプリズムトータルステーションにひび割れ計測ゲージを内蔵しており、非接触でのひび割れ調査が可能です。(ノンプリズムとは、反射鏡を使わずに計測物に光波をあてて距離を計測する技術です)

新技術情報提供システム

NETIS(ネティス)登録

特長Features

  • 01

    離れた場所からひび割れ幅と位置を正確に計測

  • 02

    足場や高所作車を使うことなく、安全に調査可能

  • 03

    測量機器での計測のため、データは正確なものが取得でき、
    定期点検時のひび割れ進行の確認が容易にできる

  • 04

    解析ソフトでひび割れ形状を正確にCAD化

手順Procedure

その他技術Other Technology

●電磁波レーダー探査

電磁波レーダーによる鉄筋・配管・空隙探査